骨折、超音波治療器について

骨折、超音波治療器について

当院は施術効果をより高めるために、超音波治療器も使っています。

超音波治療器の特徴

1、手が届かない深部の組織の施術ができます。

→超音波治療器は奥10センチ近くまで到達することにより、手では届かない深部組織の施術をすることが可能です。

2、骨折や骨膜の炎症、骨挫傷(骨のミクロなケガ)などの骨のケガの治療に使うことが出来ます。

→医学的に唯一認められた骨折の治療器です。

低出力の超音波を患部にかけることにより、骨癒合(骨のくっつき)が早まる効果が医学的に認められています。

3、捻挫などには熱を発生させない出力でかけることで、傷めた組織の回復を早めることができます。(治癒促進効果)

4、硬い組織を柔らかくしたり、組織の癒着をとることで、筋肉を動きやすくする効果があります。

筋肉や関節の周囲の組織に柔軟性が出ることで、痛みが緩和し、関節が動かしやすくなる効果が見込めます。